おっぱい体操

かれこれ、私が5年程続けている「おっぱい体操」

 

2〜3年くらい真面目に続けていたのですが(それは、目に見える効果があったから)

 

1年くらいお休みしていました。

 

そしたら、もう大変なことに・・・・・・

 

ブランクを埋めるべく、地道にやって「あら、まぁ。いい感じ♥」に戻りました。

 

アーユルヴェーダのトリートメントの勉強を始めてから

 

心臓の周りの血液、リンパ液の流れをいかによくするかが重要だと気がついてから

 

ずっとノンワイヤーのブラジャーを使ってました。

 

ノンワイヤーは締め付けがないので、血液の滞りを防ぎます。

 

過去のブログ参考⇒http://ameblo.jp/pukkpakka/entry-12183147010.html

 

ブラジャーを新調しようと、下着屋さんに行ったのですが、おっぱいの成長が

 

著しかったのでお姉さんにサイズを測ってもらいました。

 

 

すると、なんと2カップも!!アップしていたのです。

 

その後、信じられなかったので別の場所で、今度は年配のベテラン店員さんに

 

測ってもらいましたが、「1サイズ、もしくは2サイズ上がります。」

 

とのお言葉をいただきました。

 

 

 

大きくなったことも嬉しかったですが、やり始めて自分のおっぱいが好きになりました。

 

何故かって「ふわっふわ」でマシュマロみたいに柔らかくなるんです。

 

無意識に自分のおっぱいを触ってしまうことがあるくらい(笑)

 

そして、心臓周辺の血液の流れがよくなるので、肌のくすみもなくなり

 

血行がよく、艶やかなお肌になれます。

 

ここ一年くらいでよく肌艶を褒められるようになりましたが、

 

 

「おっぱい体操」の効果だと思います。

 

 

 

是非、みなさんにやってもらいたい!!!!!

 

何故なら、すごくいいから!!

 

自分でできるから!

 

ということで、ユーチューブに動画をアップしてみました。

 

 

やってみたら案外きついなーと感じると思いますw

 

おっぱいは脂肪ですが、それを支えているのは筋肉

 

この体操はおっぱいの土台になる筋肉を鍛えるものです。

 

肩こりにもよいので、おっぱいが大きい人も是非やってみて下さい。

 

 

垂れません。

 

 

胸が開く感じがして、とても気持ちがよいです。

 

 

ちなみに私は毎日2回、朝起きて着替える前、寝る前にパジャマでやっていますよ。

 

 

 

 

 

 

焦りや不安について

誰しも感じたことのある感情「不安」や「焦り」

 

負のイメージが多いですが、最近はポジティブに捉えるようにしています。

 

どうしてかというと・・・・

 

まず、どうして「不安」や「焦り」が起こるのかを考えます。

 

「この先、大丈夫だろうか。(今の仕事でいいのか、病気しないか、結婚できるのか等)」

 

「このままじゃいけない気がする。(仕事、プライベート)」

 

これらの感情は、まだ見ぬ「未来」に関して沸き起こるものです。

 

そして、自分軸で考えているように感じるけれど、実は「他人目線」で考えています。

 

「このままじゃいけない気がする」のは誰と比べて思っているのか、ということです。

 

「みんな結婚して子供がいるけど、私は結婚もしていない。子供もいない。」

 

「正社員で働かなきゃいけない。友達も周りもそうだから。」

 

・子供のよいイメージ(例:先生や親の言うことを聞く子はよい子)

 

・女性のよいイメージ(例:髪の毛はロングで、色白、料理上手)

 

・男性のよいイメージ(例:背が高い、毛がある、高学歴・高収入)

 

は、社会が作り出したものです。

 

そういうのに自分を当てはめたり、人と比べすぎると「不安」や「焦り」が出てきて

 

幸せを感じにくくなってしまいます。

 

2つを感じた時は、何と比べていたのか、じっくり考えます。

 

そうすると、自分の考え方の癖や心のブロックを知る手掛かりになるのです。

 

 

 

「不安」になった時は、しなければならないことがきちんとできていない証拠です。

 

「質の良い睡眠・食事、排便、活動」が、きちんとできているか振り返ります。

 

自分の一日のスケージュールを見直して、「今」を見直す。

 

まだ見ぬ未来は「今」の積み重ねでしかないですからね。

 

 

自分で立て直すことが難しい時は、心許せる人に少し頼ってみます。

 

「少し」ということが重要なポイント

 

頼りすぎてしまうと、「どうにかしてあげたい」

 

という気持ちが生まれたり、「期待に応えたい!」と思って、頑張りすぎたり

 

自分を抑えてしまったり、悪循環になる場合があるからです。

 

(自分を抑えて頑張りすぎても、よい結果は期待できないので、どうにかならない場合が多い。

その結果、動いてくれた人も怒ったり、落ち込んだりしてしまいます。)

 

 

ヨガの中では「なん人誰とも、人を教えることはできない。」

 

「正しい道に導くことはできない」と説いています。

 

それを出来るのは、「その人自身」でしかありません。

 

 

 

誰かの道を少し照らすことができるように

 

自分自身を精一杯生きたいものです。

 

 

寒さも増す日々、どうぞ、皆さま温かくお過ごし下さいね。

 

 

おかげ様で1周年

お久しぶりです。

 

おかげ様で今月でケセラセラの名前で活動し始めて1年が経ちます。

 

長いようで、短かったような不思議な感覚

 

サロンのスペースで500円でヨガを教えることをスタートしました。

 

ヨガをすることは大好きだったのですが、教えるとなると全くの別物

 

右と左を間違ったり、していることと言っていることがちぐはぐになることもしばしば

 

壁を生徒さんに見立てて、何度も何度も練習したものです。

 

 

勢いで始めたケセラセラ(逆にいうと勢いがないと一生始められなかったケセラセラ)

 

やり始めた時、実は体調も心も絶不調(笑)

 

今年の1月頃には早々に止めたい衝動に駆られていましたw

 

そんな時、先生のところでヨガ(瞑想)をしていると、

 

ずーっと胸にあったつっかえがなくなったのです。

 

よし!とりあえず2年自分のしたいようにやってみよう!

 

と前向きに心が入れ替わったのです。

 

この1年で思ったのですが、あの時私はヨガを通して、確かに「無意識」や

 

「純粋潜在意識」「超自我」と言われるような場所を体験したのだと思います。

 

頭でいくら考えても答えが出なかったのに、心に聞いたらすぐに答えが返ってきました。

 

頭ではなく、ハートに聞くことは、非科学的で根拠のないものだと思われるけれど

 

宇宙が存在している理由を考えれば、頭で考えるよりも、

 

はるかに合理的で科学的なことが分かる。

 

と聖者たちは言っています。

 

 

それを体感できる人であり続け、実践して、希望や願望を叶えていこうと思います。

 

そのために、ヨガだけでなく私にはアーユルヴェーダの科学が必要です。

(アーユルヴェーダは超論理派。ふわっとしている私の言動を抑えて足元を固めてくれるような存在です。)

 

「もう嫌や!」とこれから先何度となく思うことでしょう(笑)

 

この2つを通して私は自分の内側を嫌というほど見ますからw

 

それでも歩みを止めません。

 

なぜなら、この2つは息をすること、生きることと同じだから。

 

ライフワークの一つとして、大切な人とシェアしていくことで、

 

必要な人に届くような循環を造り出したいな〜。

 

 

今があるのも、心を寄せて下さる方々のおかげ様です。

 

どうもありがとうございます。

 

大事なことは、ハートに聞きつつ、それを実現させるためにも、

 

頭も鍛えて学びを深めて参りますので、これからもどうぞ、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

あ〜インドのアシュラムが懐かしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログお引越ししました。

毎日きちんとご飯を食べ、よく働き、心地よい眠りにつきたい。

 

人生はとてもシンプル

 

難しくしているのは自分

 

だけど、それも人間だから仕方がない。

 

幸せを感じるヒントが生活、人生には沢山溢れている。

 

ヨガやアーユルヴェーダの知恵がそのヒントの一つになれば嬉しいです。

 

 

 

ホームページやブログを通して、情報発信していきたいと思います。

 

地道に更新して参りますので、どうぞよろしくお願いします。