つれづれなるままに

  • 2020.04.09 Thursday
  • 17:36

みなさま、おこんばんは。

 

 

コロちゃんが猛威を振るっている今日この頃

 

皆さん、いかがお過ごしですか?

 

身体も心も元気にしていますか。

 

先週よりヨガクラスとトリートメントをしばらくお休みしたことにより、ぽっかりと時間が

 

空きました。

 

最初の方は、色々と溜めていたことをやった。

 

刺繍の練習に、お絵かき、見たかったDVD鑑賞(見たかった作品は全部1週間レンタルだったよ)

 

映画に関しては、見たい!と思った時から随分と時間が経っていることに驚く。

 

んー。たいして見たくなかったんだろうな

 

という納得している気持ちと

 

これからは、見たい!と思った時に見なきゃ

 

という、それに反する気持ち。

 

7つも借りたけど、3つしか見れておらず、手元にあるけれども

 

見ようかな、という優先順位は低め。

 

んー。やっぱり、そこまで見たい!という気持ちはなかったんだろう

 

と落ち着く。

 

この「本当のところ、私はどうなの?」という「私」との対話が

 

時間が出来たことで、繰り広げられる。

 

仕事のことだけでなくて、というか仕事のこと以外で繰り広げられる。

 

『買い物』『食べ物』『起きる時間』『ぽっかりできた時間の過ごし方』

 

この自分との対話が限りなく、面白い。

 

選択をする時、『私』の本当の声を聞いていることは、実は少ないんじゃないかと

 

思った。

 

『買い物』→必要な物、お財布と相談

 

『食べもの』→食べれるもの、食べたいもの、食べた方が好ましいもの

 

『起きる時間』→目が覚めた時、お腹が空いた時、おしっこに行きたくなった時、起きようと思った時

 

だいたい、状況、刺激の元に選択している

 

ということに気付く。お金とか、人の存在とか、身体の具合とか物質的なものの影響が大きい。

 

でも、私の場合は 心「〜したい!」という気持ちはもっと強め。

 

最初は無意識に選ぶけど、時間がたっぷりできたおかげで、それ『私どうなの?』と『私』に聞くようにする。

 

そして、「結果」をじっくり見るようになる。

 

だいたい「心」の声を最優先させると、心地よい結果は得られないと気づく。

 

それどうなの?『私』と聞くことで、その選択が絶たれる。

 

ヨガとは『心素』の機能を死滅させることである、

 

とスートラ(ヨガの教科書みたいなもん)と言っているけども

 

おやおやおや

 

コロちゃんのお陰で、その訓練になっているじゃないの、と思った。

 

 

意識的に選択する時は、その事柄の重要度高め。(仕事とか、結婚とか、介護とか)

 

その結果は複合的に絡み合うから、純粋な産物的な結果はよく分からん。

 

やから、訓練にはならん。その人の考え方の傾向が繰り返されるのみ。

 

でも、どうでもよくはないけど、無意識にしているようなものなら、分かりやすい。

 

今みたいな、この何もできない状況

 

手も足も出ないような状況

 

こそ、自分が今までしていた無数の選択の数々や考え方

 

暮らし方を見つめなおす、いい機会になると思います。

 

本当に大切なものは何なのか、優先順位、自分の心地よいこと、好きなこと。

 

理由はいらないから、じっくり『私』を観察してみて下さい。

 

 

 

私は選択の中で「理由がない」というものが信頼性が一番高いと思っている。

 

私は好き、お花が

 

私は好き、食べることが

 

私は好き、奏でることが

 

私は好き、黄色と緑が

 

私は好き、ヨガが

 

私は好き、人が

 

何故かは、分からん。けど、好き。

 

『私』に色々聞いていったら、好きなものしか残らんかった。

 

それを選択すればよい

 

というか、選択が好きに繋がるんだって分かっていると、気持ちよく

 

選択できて、進める。

 

安心が、『私』の中にちゃんとあるって分かるから。

 

そう、そう、これもヨガです。

 

 

時間があるので、頻繁に更新していこうと思います。

 

私の好きなことを、つれづれなるままに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする