アーユルヴェーダクッキングクラス無事終了しました。

昨日、無事アーユルヴェーダクッキングクラスが終わりました。

 

テーマは「スパイス」

 

もちろん、香辛料のスパイスだけど、だたそれだけの意味ではなく、

 

日常を刺激するようなスパイス(工夫)をシェアしたかったんです。

 

そのスパイス、工夫はアーユルヴェーダの智慧で語り続けられたもの。

 

決して書物(情報)だけでは、表せないもの。

 

講師は、HALAHOOLAのshokoさん

 

同じように師から学び、インドのスワミジのアシュラムにも行き、実践を繰り返している

 

のに、同じようには感じないし、だからこそ、同じようには伝えられない。

 

人を介して伝えられるものなんだと改めて感じました。

 

そして、自分がそのまんま映し出される、面白さと怖さ(笑)

 

shokoさんの話は「食」を通して、自分の日常を振り返るきっかけになったのでは

 

ないでしょうか。

 

どのメッセージも、shokoさんが心から実感・実践してあることで、私たちの心に響くもの

 

でした。

 

「気づき」が得られたら、そこからがスタートです。

 

アーユルヴェーダには、その気づきを行動に落とし込んでいく

 

生きる実践があります。

 

皆様の気づきを無駄にしないように、フォローしていきたいと思っています。

 

今度も一緒に楽しくシェアしていけたら嬉しいです。

 

shokoさん、お越し下さった皆様、どうもありがとうございました。

 

 

 

取り急ぎ、ご報告を感謝の気持ちを込めて

 

 

 

コメント