刺激

昔好きだった、ホットケーキの間にバターとメイプルシロップが挟んである

 

菓子パンを食べた。

 

選択せずに、お菓子を食べると、その甘さに驚くことがあるから覚悟して食べた。

(それでも、食べるという選択をした私)

 

 

バターの塩辛さとメイプルシロップの甘さがダブルで口の中に広がった。

 

あー、そっか。そっか。一瞬でそちらにぐっと集中する。

 

こういうことか。

 

たまーに自分の中に押し寄せてくる、無力感だったり、孤独感、どうしようもなさ

 

を、感じることがあるけれど、いつもそれは傍観している。

 

自分に対して感じることというよりは、自分と他の人との関係性の中で感じることだから

 

テリトリー以外のことで、どうしようもないことだもの。

 

私が操作できないこと。

 

 

「刺激」を味わうと今を一瞬でも忘れることができる。

 

意識がぐっとそちらに連れていってくれるから。

 

でも、興奮だったり、深いリラックスは、今をも飲み込んでしまう。

 

アルコールやギャンブル、セックス、等の分かりやすいものは、程度は違えど

 

誰でも好み、味わう。

 

飲み込まれるかどうかは「今」に戻ってこれるかどうか。

 

キーになるものは、何だろうか。

 

愛着形成がきちんと行われたかどうか、育ちの過程も大切だと思うけれど

 

そこが全てでは決してないと思う。

 

ヨガの言葉を使うと「知性」がキーかもしれないな。

 

無知は全ての煩悩の根源である。

 

 

 

日々、ヨガの実践を繰り返していると実感する日々

 

夏はもうすぐそこ!!!!!

 

 

コメント