消化不良

こんばんは〜。

 

 

ここ数日で、胃の調子が悪くなりました。

 

消化不良で一日水分だけ、もしくは消化に良いお粥、スープで過ごしています。

 

思い起こせば、2年前の夏がそんな感じだったなぁ。

 

あの時は、もう絶対こんなに苦しい思いはしたくないと泣きながら決意しましたが

 

なんて学習能力がないんだろう・・・とガッカリ

 

ただ、今回は早めの対応ができているので、回復も早いと思います。

 

前回のブログで書いた「ストレスケアについて」にも通ずるところがあると

 

思いますので、

 

そもそも、何故消化不良に陥ったのか、それを回避するためにはどうしたらいいのか

 

を整理していきたいと思います。

 



 

まず_晋両嘆宿堽匹亡戮辰燭里

 

・ストレスが継続的に続く状況があり、睡眠が浅くなり、就寝、起床のリズムがまず崩れる

 

・そこで食事の時間、内容に変化が出る

 

・規則的にあっていた排便のリズムが崩れ、不規則になる

 

・未消化物が溜まり、消化不良を起こす

 

という流れです。

 

今回のストレスは仕事のことと家族の事

 

どうしても頭の中に心配事が浮かんできて

 

「心臓の鼓動も激しくなり、脳みそが休まる暇がなかった」

 

のが原因でした。

 

そうなった時に、「あれ?なんかおかしくないか?この身体、思考」

 

と気づいて、早めに対処していれば、消化不良になることはなかったかもしれません。

 

うーん・・・・・・

 

ヨガや呼吸法、食事にトリートメント、整える手段は知ってはいても

 

なかなか行動に移せなかった、移しても、心ここにあらずな状態でした。

 

「それどころではなかった」というのが、本心で、気ばかり焦り、

 

うわの空でヨガをし、何となく食事を食べ、瞑想をしました。

 

結果、効果なし!!!!

 

方法を知っていても、それをしても身体も心も落ち着かない状態

 

身体の自動機能

(鼓動の速さや自律神経系、内分泌系、免疫系など自分でコントロールできない部分)

 

を手動に切り替えることはできなかった!!!!

 

ここで、何が大切なのか、と考えた時

 

やっぱり【人】

 

愛、誠実、尊敬、信頼といった人間関係

(人間関係でなくても、自然や宇宙など、もっと壮大な物と繋がる感覚でも◎)

 

声を聞いたり、触れたりして、(風の音を聞いたり、植物に触れたりして)

 

それを感じることで得られる安心感

 

は、方法や手段、知識よりも効力を持つんだと思います。

 

その人間関係をどうやって作れるかというと、やはり【自分を信じる】こと

 

そうして、初めて【相手を信じる】ことができて、良い関係性を築いていける

 

のだと思いました。

 



同じような状態に陥らないためには、回避するには

 

・生活のリズムを規則的に保つ

 

・一人で何も考えない時間、リラックスする時間を意識的に作る

 

・物事を意識して選択する。(今までとは違う思考、行動をとる)

→良い人間関係、自然との関係を築く



 

改めて、自分自身の生活や、思考、行動などを見直すいい機会になりました。

 

 

ここ数日間はデトックスメニュー

サロンのInstagramには、しばし消化に良いメニューやドリンク、スパイスが登場するでしょう)

 

そんなこんなで、身体も心もデトックスの春です。

 

 

 

 

春は冬に溜まった未消化物(物質的にも、気持ち的にも)が溶け出す季節

 

皆様も意識して外に出て身体を動かしたり、

 

春の食べ物(苦味や渋み)を取り入れるのが◎

 

そして、どうも身体が思うように動かなかったり、落ち込むことや

 

イライラすることがあったとしたら、「春だから」と、どーんと構えて

 

客観的に見つめなおしてみて下さいね。

 

 

 

 

 

コメント